玉ねぎの保存方法【正しい知識で無駄をなくす!】

玉ねぎ(葉茎菜類)

・常温で2~4ヶ月
・冷蔵庫で皮ありは2ヶ月、皮なしは1ヶ月
・冷凍で1ヶ月

玉ねぎは湿気に弱いです、
濡れた場所からすぐ腐ってきます気をつけてください。

本来は皮付きの丸のままでは風通しのいい冷暗所で保管します。

段ボールに新聞紙をひいて入れて、
上からも新聞紙を軽くふわっとかけて保存します。

吊せるスペースがあれば、
古いストッキングなどに入れて一つずつくくって吊すのもいいです。

皮を剥いているものやカットされた玉ねぎは、
キッチンペーパーで包み、

その上からラップで包んで冷蔵庫保存です。

新玉ねぎは水分が多いので最初から冷蔵庫保存です。

冷蔵庫保存のメリットは切っても涙が出にくくなる事です。

玉ねぎは冷凍で保存できます、
冷凍の保存の仕方は下記で説明します。

玉ねぎ<冷凍保存方法>


玉ねぎは丸のままでも、刻んだ状態でも冷凍保存可能です。

丸のままではまず、茶色い皮をむき上下を切り落とします。

下の根っこの方に十字に切れ込みを入れて、
一個ずつラップをして冷凍用保存袋に入れて冷凍庫に入れます。

切れ込みを入れると味が染み込みやすいので、
これをするかしないかで料理の出来が変わりますよ。

刻んで冷凍する時は…
くし切りやみじん切り、
薄めのくし切りなど切り方を分けて、
袋も分けて冷凍保存するといいですよ。

冷凍保存することで甘味も増し、
火の通りも早くなりますのでいいことずくめです。

冷凍する時は保存袋の中の空気をしっかりと抜き、
平たくして金属のバットの上に置くと早く冷凍できます。

袋の中の空気を抜くのは、
霜をつけないためです。

霜があると料理が水っぽくなりますからね。

冷凍保存された玉ねぎはオニオンスライスなどの生食には不向きなので、
加熱調理をすといいです。

あと春になると出てくる「新玉ねぎ」も冷凍保存できますが、
水分が多いので解凍後甘味とみずみずしさが損なわれ、
おまけにシャキシャキ感もなくなります。

せっかくの新玉ねぎですが、解凍後は加熱調理をお勧めします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なにか料理についてお困り事がありましたら、
こちらで初回無料相談室をご利用ください。

>>Kitchen Y 無料相談会

簡単にレシピを増やしたい方はこちら

>>オンライン料理教室

 

自宅で学べる無料講座

お知らせ:下記のコンテンツがおすすめです

おすすめの記事

大手の料理教室との違いは、どんな些細なことでも気軽にそして個別に相談できるところです、
30分の無料お料理相談会(オンライン開催)に初回限定で参加できます。

どうしても分からなかったり、1人で悩むことがあればご相談ください。

その他、ご相談&ご質問がございましたら、お気軽にどうぞ。
» お問い合わせ

チップをいただけると、心から喜びます

山下 景史

調理師&料理家として37年以上の豊富な経験を持ち、居酒屋・食堂経営から雇われでカフェ店長まで、様々な仕事を経験。簡単かつおいしい料理レシピの提案と調理に役立つヒントを積極的に発信しています。大阪市内に在住し、家族は妻と可愛いい8歳の娘との幸せな時間を大切にすることが最優先!料理を通じて人々との素晴らしい“食の旅”を共有することに喜びを見出しています。

楽天市場

関連記事

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ